家族が一致団結し節約生活を送る方法

家族が一致団結し節約生活を送る方法

部屋を乾燥させて生活しやすい環境を作る

服を着ている状態で水にぬれると、あまり気持ちは良くありません。プールや海などで裸の状態であれば気持ちよいですが、自宅の中などだとあまりいい気分ではなくなります。目に見える水分もそうですが、空気中の水分も同様に、良くない気分にさせます。夏は湿度が高い状態が続きますから、家の中でも常に濡れたような感覚になることもあります。

人が生活するうえでも気分が良くありませんが、家にとっても高い湿度は良くありません。多くの住宅は木造です。家を建てるための木は、もともとは水分を含んでいました。でも建てるときには十分に乾燥させて使います。でも、家の中が湿気っていると、その水分を吸い始めます。吸って乾燥されればよいですが、水分を保持してしまうと、家を傷めてしまいます。

部屋の水分をとる方法として、風通しを良くすることが挙げられます。部屋に窓、扉があるなら、それらを開けます。風は、窓から窓、扉などに流れていきます。その部分に風の通り道ができます。継続的な風の流れは、湿気を運んで、外にもっていってくれます。家の中の湿度も減らすことができます。そのほか、部屋の中に新聞紙を置いておくことで湿度を改善できる場合があります。新聞紙は、湿気を吸い取る性質があります。

【参考】

Copyright 2017 家族が一致団結し節約生活を送る方法 All Rights Reserved.